2011年10月08日

岩手に元気を!

ファイル0140.jpgファイル0141.jpg2011年10月10日(月)

東京競馬場にてマイルチャンピオンシップ南部杯(Jpn1)が行われます。

毎年、オーロパーク(盛岡競馬場)で開催されるレースですが震災の影響もあり、オーロパークと平成8年4月に姉妹提携している東京競馬場で開催することとなりました。

思い起こせば初めて競馬を生で観戦したのは岩手県の水沢競馬場でした。


小さい頃、生まれ育った秋田県ではNHKでしか競馬を見る機会が無く、実家で購読していたスポニチの記事でしかほとんど競馬の情報を得る事が出来ませんでした↓


そんな中、ナリタブライアンと言うとてつもなく強い馬の存在を知り、調べれば調べる程競馬にのめり込み、自営業の両親に必死にせがんで連れて行ってもらったのがお隣り岩手県の水沢競馬場でした。


初めて間近で見る本物の競走馬の迫力に圧倒され、体感する全てが今までに味わった事の無い刺激でした。

レースの合間、ふらっとグッズ売り場に立ち寄り目に入ったのは、

『岩手の怪物 トウケイニセイ』

の表記のグッズの数々。

トウケイニセイの書籍を手に取ってページをめくると、

戦績

43戦39勝(2着3回3着1回)


3着以下が1度も無い?!

そんな馬が本当に居たのか?!


まさに深い衝撃!
\(☆o☆)/
僕にとっては最初のディープインパクトでしたw


そしてその年のクリスマスプレゼントはもちろんトウケイニセイの全レースVTR&ドキュメンタリーVHSセットw


当時は暇があれば見てました(^_^;)


しかし、内容はすご〜くつまらなかったです。。。

だって、強すぎて全部ワンパターンな勝ちっぷりが延々と何十レースも続くんですもん(°□°;)


でもドキュメンタリーを見ると、簡単にレースに出走して何度も勝っていたのでは無いと分かりました。

2歳(旧暦3歳)でデビュー戦を快勝した後、屈腱炎を発症し1年半の休養を余儀なくされます。


復帰後も脚元の状況を見ながらの調教と出走でかなり気を使って使われたようです。

腫れを抑える為に患部を3度もコテ焼き(慢性になったソエを焼いて急性炎症を起こさせ、馬の自然治癒力を高める刺激療法)を行っていて、調教も全て馬なり調教のみだったと言われています。


そんな中、トウケイニセイは当時のサラブレッド連勝記録の18連勝を記録。

その後も重賞競走を総ナメにしました。

8歳(旧暦9歳)になった1995年、交流元年と呼ばれ中央競馬と地方競馬の交流が促進されると、マイルチャンピオンシップ南部杯にも中央競馬からも強豪馬が参戦しました。

レースを制したのはJRA所属のライブリマウント。

トウケイニセイはこの時初めて連対を外しました。

会場は溜め息とともに静まり返り、

ライブリマウントの石橋守騎手は、
『今日ばかりはヒール(悪役)になった気分だよ』
とコメントを残しています。


一方、トウケイニセイの主戦 菅原勲騎手は、

『あと1年早ければ...』
とコメントを残しました。


後に菅原勲騎手はメイセイオペラで中央GIのフェブラリーステークスを制していますが、その際もトウケイニセイと比較を質問されると、

『メイセイも強くなってるが全盛期のニセイに比べればまだまだ。一番良い頃のニセイがドバイワールドカップに出たら勝っていたと思う』

とコメントを残しています。


今年のマイルチャンピオンシップ南部杯には岩手競馬からロックハンドスターが参戦します。


近走あまり良くありませんが、何とか見せ場を作って欲しいと思います。

また、当日東京競馬場では
9R メイセイオペラ記念かけはし賞

10R トーホウエンペラー記念かがやき賞

も行われます。


頑張ろう東北!
心をひとつに 岩手競馬
posted by MOCHIKANE.COM at 05:02| Comment(1) | オケラカイドウの記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今秋のG1戦線見どころ

先週から秋のG1戦線始まりましたね。
それにしても、スプリンターSのロケットマン。
レース前とレース後の評価が凄かったねw

ロケット不発。湿気たロケットだの・・・・^^:

まぁ、自分もロケットから買った口ですから、なんともね。
でも、ヴァーゴウ信じてたのに買い方間違ったなぁ。反省です。
もう少し、見る目を養わなきゃね。


さてさて、今秋のG1戦線は本当楽しみですね。

秋華賞は、ローズを快勝したホエールキャプチャの存在。
それに、台頭するのが、もちろん、両クラシック馬のマルセリーナとエリンコート。
どれだけ巻き返せるか。
それから、もちろん上がり馬。
阪神内回り2000の特殊なコースでどうなるでしょうか。

菊花賞は、もちろん、オルフェーヴルの3冠制覇。
シンボリルドルフが亡くなった今年に歴史は繰り返されるのか。

そして、池添Jが何個G1勝つことか。
グラスワンダーとエルコンドルパサーを新馬からずっと乗り続けた的場均J。
毎日王冠で直接対決する時に、的場Jが選んだのは、グラスの方でした。
そして毎日王冠ではエルコン2着のグラス5着。
ちなみにこの時の勝ち馬は、超特急馬、我がサイレンススズカ。
こういう選択の時が、池添Jにも来るでしょうね。
でも、間違いなくオルフェーヴルに乗り続けるかw


天皇賞は、ブエナビスタ、アーネストリー、エイシンフラッシュ、ローズキングダムの古馬の対戦。
でも、ここは、府中牝馬次第ですけど、レッドディザイアの復活を見たいなぁ。
そもそも、自分は、ブエナよりディザイアの方が強いと思ってましたから。

エリザベス女王杯は、古馬対3歳。
3歳は、もちろん秋華賞組と、なんといっても、レーヴディソール。
レーヴは、個人的には、成績は違ってもファビラスラフィンと被るのですが。
JCまで突き抜けそうな気がしてなりません。

最近、馬の名前の”ブ” って、”ブ”じゃなくて”ヴ”を使う馬多いですよね。
馬名検索する時に、いつも困るんだよね。
”ヴ”って、そもそも日本語として、存在するものなの?
若者の言葉なのか? なんて言ってる自体、おやじ化してるよね^^;

マイルCは、こちらも3歳グランプリボス出走はあるのか?
マイル路線、混戦なだけに、グランプリボスはリアルインパクトの安田制覇をみても面白い存在だと思いますよね。
でも、自分は懲りずに、スマイルジャックとフィフスペトルを応援したいけど。
スマイルジャック、そろそろ三浦Jではなくて誰か乗りませんかね・・・w

それから、なんといってもJC。
ここは、近年稀にみるメンバーになるでしょうね。
なんといっても、ヴィクトワールピザ。果たしてドバイを日本馬初制覇した馬の走りは?
そしてそして、凱旋門賞から、ヒルノダムールと凱旋門賞馬のデインドリームの参戦の可能性も高いですし、3着馬のスノーフェアリーはおそらく来るでしょうし。
これに、天皇賞組と菊花賞・秋華賞・エ女組が揃ったら・・・・
3冠のオルフェーヴルと無敗のレーヴディソールなんて事になってたら、凄いですよね。
考えるだけで、ワクワクするw

後は、このメンバーから何頭、有馬に出走してくれるか。

あっ、忘れちゃいけないのが、ダート路線だね。
これも見どころいっぱい。

トランセンドとスマートファルコンの直接対決。
さて、どこであたるんだろ。
ぜひぜひ、大井のJBCであたって欲しいですね。
でも、スマートもJCDに出走しないと、武豊Jの中央連続G1記録の可能性が途切れますよね。
まぁ、イチローも200安打記録が途切れた今年、武豊Jにも絶対はなくなるのかもね。
岡部Jの引退前のような、円熟した騎乗をお願いしたいですね。


まだまだ、見どころはあるでしょうか、本当、今年は見どころいっぱい。
楽しみです。
見どころばかりで、ふところはどうなることか心配ですが^^:

さぁ、今週末の予想は、また明日にでも更新お伝えできればいいですね。

では、みなさん、この秋の競馬を楽しみましょう^^


By りゅう
posted by MOCHIKANE.COM at 00:03| Comment(0) | りゅうの記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。