2011年10月19日

今年の菊花賞は何か変?

今週は菊花賞。
菊花賞は、今までもわりと相性のいいレース^^
でも、今年はなんだか素直に考えられない。

というのも、自分の狙いだったスマートロビンが回避。
あ〜ぁ、と思っていたら、他にも回避の馬が。

で、気付いた・・・

残った馬は社台・ノーザンの馬ばかりじゃんっ!

どういう事??
これは、社台の策略か?
オルフェーヴルを勝たせる為の取り巻きなのか。

な〜んて考えてたら、わからなくなってきた^^:
明日の抽選でどれだけ社台以外の馬が残るのか。

でも、こういうレースも珍しいなぁ。
考え方によっては面白い。
だけど、なんだか出走馬がこんな状況だと気持ちが前向かないのも正直なところ。
だから、少し、見に徹しようかとも思ってるけど、逆に言えば勝負かなぁって。

さてさて、菊花賞のフォトパドック眺めてた。
秋華賞出走馬のフォトパドック。
一番良いように見えた馬は、前に書いたようにアヴェンチュラ。
(まぁ、勝ちまでの予想は出来なかったけど^^:)
菊花賞は、ペルシャザールがよく見えるなぁ。
血統的にも、父キンカメ 母父サンデー。
同じ血統のローズキングダムを考えると距離的には問題ない。

個人的な観測なんだけど、ディープ産駒って本質的には2,000m迄でマイルあたりが一番力を出すんじゃないかと思う。
実際、神戸新聞杯 1着 2着 セントライト 1着 どれもディープ以外。
マルセリーナもリアルインパクトもマイル勝ち。
そんな中でマルセリーナの秋華賞も、大外をずっと周った競馬をして7着なら見捨てたものじゃない。
もちろん母系にもよるけど、ディープ産駒の能力は高い。
だから、あとはその能力でどれだけカバーできるか。

オルフェーヴルは、父ステイゴールド。セント1着のフェイトフルウォーも同じ。
ステイゴールドは、距離適性はどちらかというと万能だった。
うまくその血を産駒に繋いでる感がある。

ちなみにここ10年で一番菊花賞と相性の良い父はダンスインザダーク。
でも今年は産駒いないんだよね^^:

とにかく、3,000mは、3歳のどの馬も経験した事の無い距離。
どの馬にもチャンスはあるけど、こういうレースこそ、血で走ると思ってる。
今年ももう少しじっくり考えてみよ^^

あっ、あくまでも自分の思考なんで、左右されないようにw


By りゅう
posted by MOCHIKANE.COM at 22:19| Comment(1) | りゅうの記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。