2011年11月26日

今年のジャパンカップ 1番人気は??

今年のジャパンカップは、何が1番人気になるのかを注目してるけど、昨日の前々日売りだとペルーサ。
今日の前売りでデインドリーム。
じゃぁ明日は??
結局、デインドリームなのか?それともブエナなのか。

でも、ペルーサの1番人気には驚いた。
最近もまだ話題になる2億円おじさんの出現かと^^
そうなるとペルーサが勝つのか。
秋華賞の時にキョウワジャンヌ。
あの時も、前日売りかでキョウワが売れていたような気がするなぁ。
藤沢厩舎だし、それだけでも買えるから。

で、今日はデインドリームだけど、1番人気になる事は、実績からしても納得する。
でも、凱旋門賞の当日は日本の馬場に似ていたし日本馬場の適正がある。とか、言われるけど、
その当日に出走していたヒルノダムールとナカヤマフェスタは、その馬場でも話にならない程の馬だったのか?
日本の馬場適正のある馬場ならば、日本の馬も走ってもおかしくないのではないのか?
ヒルノダムールも凡走するような馬場で勝ったデインドリームは日本の馬場適正はあるのか?

なんて考えてたら、デインドリームを本線にはできなくなってきた。

確かに強いと思う。
それは間違いない。
なんせレコード勝ちだしね。
自分の鉄則の一つとして、レコード勝ちの次のレースはいくら強い馬でも軸としては買わない。
逆にそのレコード勝ちの馬が本命視されるレースなら美味しい配当もあり得ると思っている。
やっぱり、レコード勝ちの反動は大きいと思う。
もちろん、これを苦にしない馬もいる。絶好調だからレコードタイムで勝てる。
でも、自分で作ったタイムで勝ったレコードならともかく、他の馬が作ったタイムで走らされて出たレコードタイムだと疲労度が違うと思う。
なんせ、

レコードタイム=今までどの馬も走ったことがないタイム

なんだから。

なんとなく買い目は絞れてきたけど、まだ悩む。
でも、やっぱりJC。
オッズはつくね。

是非、とりたいレースという事は間違いない。
皆さん、頑張りましょう。


By りゅう
posted by MOCHIKANE.COM at 23:24| Comment(0) | りゅうの記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月25日

2011 ジャパンカップ 予想

やっぱり今年の秋のG1は、各馬実績を積んだ中での出走が多いから面白い反面、難しい。
でも、一見、どの馬にもチャンスがあるように見えるけど、そんな中で、こういうレースこそ自分なりの予想で馬を絞って当てられたら・・・
こんな嬉しいことはありません^^


今年のJCは、凱旋門賞馬 VS ドバイ優勝馬 という部分が大きく取り上げられてる。
でも、予想では1番人気はブエナビスタ^^;
正直、ついにここでブエナの連続1番人気は途切れるのかと思ってた。
明日からの前売りオッズを見守らなくてはわからないけど、やっぱりブエナが1番人気になるのかも。


さて、JCの展望。


今年は、特に逃げを主張しなければならない馬が不在なので、スローになるかと思う。
逃げるとするなら、シャレータ か トレイルブレイザー のどちらかかな。
トレイルが逃げるなら、豊の逃げも正直怖いけど、この舞台でそれは考えにくいかな。
豊も久しぶりに良い枠に入ったから、何かやらかすなんて事も・・・・
ちょっと怖い。
それとも・・・ヴィクトワールピサが逃げるのか。
ドバイの時のような競馬もあるかもしれないし、去年のJCは終始2番手競馬。
可能性はあるかも。
キングトップガンも札幌記念は逃げたし。
何が逃げるのかによっても変わるだろうけど、おそらく、スローから平均ペースには収まると思う。


他は、どちらかというと差し馬が多い。
ローズキングダムあたりは先行策。ペルーサも前走は後ろからの競馬に徹したが、今回は、距離も長くなるので先行策をとるかも。
エイシンフラッシュは、あの超ハイペースの天皇賞で終始3番手で、それでも6着に粘る競馬をしたが、今回は、前に馬を置いて競馬をしたいと池添Jも言っていたから、枠も外になったので中盤あたりの競馬をするのでは。
アンカツもエイシンフラッシュの乗り方には同じような事を言っていたなぁ。
ブエナは内枠を引いたので、岩田Jの事だから、中盤からやや前で終始内々をついて回る。
アヴェンチュラと同じような乗り方をすると思う。
デインドリームも中盤かな。
その後ろに、トゥザ、オーケン、ジョーダン、ウィン、ジャガー。
こんな感じの展開じゃないかな。
でも、ウィンバリアシオンは、菊花賞のような極端な最後方競馬はしないとアンカツも言っている。


ん〜、展開を考えても、何が有利かわからない^^;




ブエナビスタは、天皇賞を負けても強い競馬をした1頭だと思う。
フォトパドックからは、もう冬毛も目立ってきて状態面ではどうなのか?とも考えるけど、ここは、個人的な気持ちも入れて頑張ってほしい。
有馬よりJCで勝負だと踏んでいる。
内枠も岩田Jにもあっていると思う。去年のかりを返してほしい。



デインドリームの馬場適正は未知だという事もあるけど、やっぱり、騎手が大きな不安。
日本では、今まで、2着以上は1度も無い。
でも、ピンナのトーセンもあるし、どうかなぁ。
確かに馬自体は、凱旋門賞をみると抜けているかもしれない。
調教も、面白いw
東京コースのダートを一周^^;
凄いよねw 1800m走ってタイムも良いしw



エイシンフラッシュの調教は、CW82.2-66.1-51.4-37.4-11.8 一杯 と良かったと思う。
池添Jへの乗り替わりが吉とでるか凶とでるかはあるけど、今の調子から考えると軸としても考えて良いのでは?と思う。
でも、マイルがエイシンアポロンで、2週連続 エイシン+池添Jというのもね^^;



ペルーサも調教は確かに良かった。
67.9-52.7-38.7-11.5 馬なり 
でも、これ芝なんだよね・・・
それなら、エイシンの66.1-11.8の方が時計だけみても良い。
それとペルーサは、どうしても2000mまでが適正じゃないかと思っている。
とはいいつつ、JCでここ10年連帯した関東馬6頭のうち、5頭は藤沢厩舎らしい。
もちろん、ペルーサも藤沢厩舎。
これだけでも、買える1頭。


ウィンバリアシオンは、菊花賞の疲れと、菊花賞がメイチならば上がり目は少ないとは思うけど、東京コースとの相性・父ハーツクライの中長距離適正、それになんといってもアンカツとのコンビを組んでから馬が変わったし、アンカツの乗った4走は、(1・3・0・0)で、それも全部重賞。うち2回は東京2400m。タイムは確かに足りないと思う。でも、まだ3歳。
3歳はデインドリームとシャレータが注目されているけど、こっちも忘れてはいけない。
もし、オルフェーヴルがいなければ、ダービーと菊花賞の2冠だしww
ここで、ウィンが連に絡むような事があれば、有馬のオルフェのオッズが凄いことになるのかも^^


トーセンジョーダンも天皇賞馬はJCでの好走率は非常に高い。
乗り替わりもウィリアムズなら日本の実績もある。
しかし、大外枠と、レコード勝ちの反動がどうか。
一概には言えないが、調教でトゥザグローリーに遅れた状態をみると上がり目は少ないかと思う。


ローズキングダムは、はたして天皇賞は途中で辞めた結果なのか?本気で負けたのか?
自分は、途中で辞めたと思っていたけど、実際はどうなんだろう。


ヴィクトも正直買いたい馬。
でも、休み明けという不安もあるし、調教から見て、まだ仕上がっていないと感じる。
なんとなくだけど、レーヴディソールと同じような気がする。


で、自分の今のところの予想。


◎ブエナビスタ
○ウィンバリアシオン
▲エイシンフラッシュ
△ディンドリーム


当日は、レースは生で見れないけど、ちゃんと録画してみるよ^^




By りゅう
posted by MOCHIKANE.COM at 00:08| Comment(0) | りゅうの記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

2011 エリザベス女王杯 予想

エリザベス女王杯は、本当に良いメンバーですね。
でも、良いメンバーだけど、やっぱり、どう考えてもスノーフェアリーは抜けていると思います。
確かに、不安要素はあります。
・今年は、昨年と違い、1戦余計。
・昨年より斤量増。
・まさに、JRAがやってやったくらいの大外枠。
それでも、力は抜けているのではないか。
今年は牡馬、それもソーユーシンクとよい勝負をしてきたわけだし、いくら勝ちが無いとしても、牝馬限定戦ならば勝ち負けは可能だと思う。
ムーアへの乗り替わりも好材料。
でも、勝となると?なんで、軸として考えられる1頭だと思う。

次に外国馬ダンシングレイン。
枠が出て、今回は、逃げ馬不在。
単騎逃げは確実だと思う。
もし、玉砕覚悟で、ロケットマン同様に囲むようなことがあれば別だけど、単騎で行けそうなメンバー。
この馬のつっかけていくとすれば、アヴェンチュラかレディアルバローザかレインボーダリアあたりかと。
といっても、逃げなきゃダメという馬はいない。

自分の競馬での買い方では、単騎で逃げれるような競馬の場合は、必ず、その馬は買うかの検討をします。
今回は、まさしく買いだと思う。
逃げて二の脚を使える馬。
逃げないとダメな点はマイナスだけど、今回は単騎逃げが見込める。
斤量も54k。
海外オークスを勝ってきているわけだし、凱旋門のデインドリームも昨年のエリザベスも3歳。
やっぱり、斤量差も大きい。
動画でレースを見る限り、このダンシングレインは、ダイワスカーレットのようなイメージがする。
スノーフェアリーはブエナかなぁ。
もしかしたら、勝ちまであるんじゃないかなぁと思ってます。

それじゃ、日本馬は?
確かに豪華メンバーはメンバーだけど、色々ささやかれている点が今回は多い。

@順調にきている馬 ・・・ アニメメイトバイオ・イタリアンレッド・フミノマージン
A秋華賞の激戦組 ・・・ アヴェンチュラ・ホエールキャプチャ
B不安要素がある実力馬 ・・・ アパパネ・レーヴディソール
CG1実績馬 ・・・ エリンコート・サンテミリオン・ブロードストリート・レディアルバローザ
D抽選馬で気になる馬 ・・・ グルヴェイグ

と書いてしまうと、結局、ほぼ全頭になってしまう^^:

それじゃ、この中でどう絞るか。

一番気になるのは、Bの不安要素のある馬。
アパパネは、自分としては、前走は度外視していいと思ってる。
今までの戦績を見てきても、休み明けは走らない。
走らないというより、国枝流なんだろうな。
確かに負けすぎだけど、東京だったことを考えれば、京都で変わるとも考えられる。
調教も良い。
でも、当日の馬体重は気にしたい。490k近くに馬体で出てきてほしい。
実績的には、文句なしの1番手ですし、今回は、買いで問題ないのではと考えます。

難しいのが、レーヴディソール。
調教は確かに走った。
でも、厩舎もジョッキーもコメントとしては、どうとらえていいのかが難しい。
常識的には、切りだと思う。
しかし、常識が通用しない馬なのかもしれないと思わせる馬。
ん〜、どうするかと考えるが、今回は、常識と考えて軽視します。

あとは@のイタリアンレッド。
確かに強くなった馬だし、牡馬と戦ってきた馬。
調教も良かったし、悩む馬。
でも、横の比較でみていくと、フミノマージンの方に部があるのではと考える。
前走は、確かにフミノは3着で負けてはいるが、フミノは休み明け。
前走までは、イタリアンレッドよりフミノ方が先着していたことを考えると、アパパネ同様に、府中牝は叩きであったと思う。
それならば、この本番を目標にしてきた、フミノは◎。
しまいは確実に伸びる馬。
今の京都の馬場だと、外から最後に突っ込んでくると思う。

Aからは、アヴェンチュラ。
今回は最内枠を引いた。
これは、この馬にとって好材料だと思う。
逃げるダンシングレインでの番手での競馬ができる。
秋華賞の時で、かなり究極の仕上げであったので、それが持つかどうかと思っていたけど、調教を見る限りだと、もしかしたら秋華賞より良いんじゃないかと思える。
クィーンでも古馬に勝っている事を考えると、古馬G1でも通用する可能性は高い。
斤量もレイン同様に54k。
逆に、ホエールは反動があるんじゃないかと。

Dのグルヴェイク。
なんで、抽選通ってきたんだw
母エアグルーヴ 父ディープ
自分にとって夢の血統。
応援したくなる馬。
実際、オークス3番人気の馬だし、勝ちきれない面はあるし、実績は落ちるが一発があるかと期待してしまう。
これで鞍上が武Jだったら、思い入れも強くなるけど、引退したレッドの四位だから^^
応援といっても、調教でもアヴェンチュラに食ってかかっていたし、悪くはないのかと。
どうするか悩む馬。

正直、どの馬も買いたくなるようなレース。
そして、みんなそれぞれ出来は良いと思うし、優劣は付けがたい。
そんな中で、どう見極めるかとするなら、やっぱり横の比較。

◎ダンシングレイン
○アヴェンチュラ
▲スノーフェアリー
△アパパネ
△フミノマージン

正直、この5頭、全部◎
あとは、展開次第かと。

本当に楽しみなレースですね^^


By りゅう
posted by MOCHIKANE.COM at 19:41| Comment(0) | りゅうの記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。