2011年10月08日

今秋のG1戦線見どころ

先週から秋のG1戦線始まりましたね。
それにしても、スプリンターSのロケットマン。
レース前とレース後の評価が凄かったねw

ロケット不発。湿気たロケットだの・・・・^^:

まぁ、自分もロケットから買った口ですから、なんともね。
でも、ヴァーゴウ信じてたのに買い方間違ったなぁ。反省です。
もう少し、見る目を養わなきゃね。


さてさて、今秋のG1戦線は本当楽しみですね。

秋華賞は、ローズを快勝したホエールキャプチャの存在。
それに、台頭するのが、もちろん、両クラシック馬のマルセリーナとエリンコート。
どれだけ巻き返せるか。
それから、もちろん上がり馬。
阪神内回り2000の特殊なコースでどうなるでしょうか。

菊花賞は、もちろん、オルフェーヴルの3冠制覇。
シンボリルドルフが亡くなった今年に歴史は繰り返されるのか。

そして、池添Jが何個G1勝つことか。
グラスワンダーとエルコンドルパサーを新馬からずっと乗り続けた的場均J。
毎日王冠で直接対決する時に、的場Jが選んだのは、グラスの方でした。
そして毎日王冠ではエルコン2着のグラス5着。
ちなみにこの時の勝ち馬は、超特急馬、我がサイレンススズカ。
こういう選択の時が、池添Jにも来るでしょうね。
でも、間違いなくオルフェーヴルに乗り続けるかw


天皇賞は、ブエナビスタ、アーネストリー、エイシンフラッシュ、ローズキングダムの古馬の対戦。
でも、ここは、府中牝馬次第ですけど、レッドディザイアの復活を見たいなぁ。
そもそも、自分は、ブエナよりディザイアの方が強いと思ってましたから。

エリザベス女王杯は、古馬対3歳。
3歳は、もちろん秋華賞組と、なんといっても、レーヴディソール。
レーヴは、個人的には、成績は違ってもファビラスラフィンと被るのですが。
JCまで突き抜けそうな気がしてなりません。

最近、馬の名前の”ブ” って、”ブ”じゃなくて”ヴ”を使う馬多いですよね。
馬名検索する時に、いつも困るんだよね。
”ヴ”って、そもそも日本語として、存在するものなの?
若者の言葉なのか? なんて言ってる自体、おやじ化してるよね^^;

マイルCは、こちらも3歳グランプリボス出走はあるのか?
マイル路線、混戦なだけに、グランプリボスはリアルインパクトの安田制覇をみても面白い存在だと思いますよね。
でも、自分は懲りずに、スマイルジャックとフィフスペトルを応援したいけど。
スマイルジャック、そろそろ三浦Jではなくて誰か乗りませんかね・・・w

それから、なんといってもJC。
ここは、近年稀にみるメンバーになるでしょうね。
なんといっても、ヴィクトワールピザ。果たしてドバイを日本馬初制覇した馬の走りは?
そしてそして、凱旋門賞から、ヒルノダムールと凱旋門賞馬のデインドリームの参戦の可能性も高いですし、3着馬のスノーフェアリーはおそらく来るでしょうし。
これに、天皇賞組と菊花賞・秋華賞・エ女組が揃ったら・・・・
3冠のオルフェーヴルと無敗のレーヴディソールなんて事になってたら、凄いですよね。
考えるだけで、ワクワクするw

後は、このメンバーから何頭、有馬に出走してくれるか。

あっ、忘れちゃいけないのが、ダート路線だね。
これも見どころいっぱい。

トランセンドとスマートファルコンの直接対決。
さて、どこであたるんだろ。
ぜひぜひ、大井のJBCであたって欲しいですね。
でも、スマートもJCDに出走しないと、武豊Jの中央連続G1記録の可能性が途切れますよね。
まぁ、イチローも200安打記録が途切れた今年、武豊Jにも絶対はなくなるのかもね。
岡部Jの引退前のような、円熟した騎乗をお願いしたいですね。


まだまだ、見どころはあるでしょうか、本当、今年は見どころいっぱい。
楽しみです。
見どころばかりで、ふところはどうなることか心配ですが^^:

さぁ、今週末の予想は、また明日にでも更新お伝えできればいいですね。

では、みなさん、この秋の競馬を楽しみましょう^^


By りゅう
posted by MOCHIKANE.COM at 00:03| Comment(0) | りゅうの記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。