2011年10月25日

天皇賞秋 どの馬がメイチ?

三冠馬 ディープインパクト。

最近、競馬を始めた方もいると思います。
本当にディープは強かったんです。
このディープを見てたから、果たしてオルフェは、これだけの格がある馬なのか?
って疑ってしまった自分。

http://www.youtube.com/watch?v=L40biPNG6DA

是非、見てください。
この有馬記念がディープの引退レースです。
今見ても、全身に鳥肌が立ちますし、涙してしまいましたw


翼をひろげるか?
翼をひろげたっ!

いいフレーズです。
4コーナーからの脚。尋常ではないです^^


今日はは、たまには、ちょっと真面目な事でも書いてみます。

さて、秋のG1は、いつも、これからが本番だと思ってます。
3歳路線も終了し、これからは古馬混合レース。

大きな路線としては、

天皇賞・エリザベス → JC → 有馬 となるはずです。

ここで、いつも考える自分の思考を書くと、

天皇賞・JCは東京。
有馬は中山。

これが決め手です。

東京と中山は、真逆と言っては言い過ぎかもしれませんが、特性があまりにも違いすぎるコース。
それが故に、馬の適正が大きくでます。

以前で言うと、中山得意なマツリダゴッホ。
天皇賞(秋)も出走してますが、惨敗。
でも次の有馬は勝利。
同じ中山のオールカマーは3年連続勝利。
まさに、中山マイスター。

それならば、もし、自分が調教師ならば、天皇賞(秋)やJCに出走するとしても、そこで目一杯(以下 メイチ)には仕上げないでしょう。
あくまでも中山狙いで有馬でメイチです。
それまでは、8分の仕上げ。
不得意なコースでメイチの必要なし。

それじゃぁ、逆に東京が得意な馬は?
答えは当然、JCでメイチです。
もちろん、天皇賞でという考えもありです。(JC出走しないつもりならまさにそうです)
そういう馬は、たいてい天皇賞の前にひと叩きするでしょう。
(ひと叩きは、馬にもよりますので、一概にそれだけとは言えませんが・・・)
中山より東京の方が得意で勝つ確率が高いならば当然そうです。

近年では、2000年にテイエムオペラオーが、この秋の3レースを全制覇しましたが、ほかの過去10年は3レース制覇は無いと思います。

それならば、今年はどうでしょう?
人気どころだと、

ブエナは、決して中山も不得意では無いと思う。
でも、東京の方がブエナの良さは出るでしょう。
それなら、ブエナの目標は、当然JCでメイチかと。

アーネストリーは、東京より断然中山でしょう。
去年の天皇賞の後に、東京の直線はもうこりごりだと言わせた位ですから。
毎日王冠よりオールカマーを選んだのも、その理由のひとつでは?と思う。

エイシンフラッシュはダービー馬。
有馬7着。
それなら、狙いはJCで東京勝負。

ローズもダービー2着、JC勝利。
当然、JC連覇狙い。

ダークシャドウは、知ってのごとく東京が得意。
G1初挑戦でもあるし、前走でもメイチ感はあるが、この天皇賞はメイチで勝負でしょう。
でも、G1初挑戦と言う部分が引っかかる。

あとは、馬の能力。
アーネも、中山得意とは言え、去年の天皇賞は3着。

こんな事を考えながら予想します。
同じ能力なら、8割仕上げより、10割のメイチの方が強い競馬をする。
なら、どの馬がメイチで勝負するか?

といいつつ、メイチのオルフェーヴルを頭で買ってない自分ですが^^;
まぁ、参考まで^^


By りゅう
posted by MOCHIKANE.COM at 23:52| Comment(0) | りゅうの記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。