2011年11月12日

2011 エリザベス女王杯 予想

エリザベス女王杯は、本当に良いメンバーですね。
でも、良いメンバーだけど、やっぱり、どう考えてもスノーフェアリーは抜けていると思います。
確かに、不安要素はあります。
・今年は、昨年と違い、1戦余計。
・昨年より斤量増。
・まさに、JRAがやってやったくらいの大外枠。
それでも、力は抜けているのではないか。
今年は牡馬、それもソーユーシンクとよい勝負をしてきたわけだし、いくら勝ちが無いとしても、牝馬限定戦ならば勝ち負けは可能だと思う。
ムーアへの乗り替わりも好材料。
でも、勝となると?なんで、軸として考えられる1頭だと思う。

次に外国馬ダンシングレイン。
枠が出て、今回は、逃げ馬不在。
単騎逃げは確実だと思う。
もし、玉砕覚悟で、ロケットマン同様に囲むようなことがあれば別だけど、単騎で行けそうなメンバー。
この馬のつっかけていくとすれば、アヴェンチュラかレディアルバローザかレインボーダリアあたりかと。
といっても、逃げなきゃダメという馬はいない。

自分の競馬での買い方では、単騎で逃げれるような競馬の場合は、必ず、その馬は買うかの検討をします。
今回は、まさしく買いだと思う。
逃げて二の脚を使える馬。
逃げないとダメな点はマイナスだけど、今回は単騎逃げが見込める。
斤量も54k。
海外オークスを勝ってきているわけだし、凱旋門のデインドリームも昨年のエリザベスも3歳。
やっぱり、斤量差も大きい。
動画でレースを見る限り、このダンシングレインは、ダイワスカーレットのようなイメージがする。
スノーフェアリーはブエナかなぁ。
もしかしたら、勝ちまであるんじゃないかなぁと思ってます。

それじゃ、日本馬は?
確かに豪華メンバーはメンバーだけど、色々ささやかれている点が今回は多い。

@順調にきている馬 ・・・ アニメメイトバイオ・イタリアンレッド・フミノマージン
A秋華賞の激戦組 ・・・ アヴェンチュラ・ホエールキャプチャ
B不安要素がある実力馬 ・・・ アパパネ・レーヴディソール
CG1実績馬 ・・・ エリンコート・サンテミリオン・ブロードストリート・レディアルバローザ
D抽選馬で気になる馬 ・・・ グルヴェイグ

と書いてしまうと、結局、ほぼ全頭になってしまう^^:

それじゃ、この中でどう絞るか。

一番気になるのは、Bの不安要素のある馬。
アパパネは、自分としては、前走は度外視していいと思ってる。
今までの戦績を見てきても、休み明けは走らない。
走らないというより、国枝流なんだろうな。
確かに負けすぎだけど、東京だったことを考えれば、京都で変わるとも考えられる。
調教も良い。
でも、当日の馬体重は気にしたい。490k近くに馬体で出てきてほしい。
実績的には、文句なしの1番手ですし、今回は、買いで問題ないのではと考えます。

難しいのが、レーヴディソール。
調教は確かに走った。
でも、厩舎もジョッキーもコメントとしては、どうとらえていいのかが難しい。
常識的には、切りだと思う。
しかし、常識が通用しない馬なのかもしれないと思わせる馬。
ん〜、どうするかと考えるが、今回は、常識と考えて軽視します。

あとは@のイタリアンレッド。
確かに強くなった馬だし、牡馬と戦ってきた馬。
調教も良かったし、悩む馬。
でも、横の比較でみていくと、フミノマージンの方に部があるのではと考える。
前走は、確かにフミノは3着で負けてはいるが、フミノは休み明け。
前走までは、イタリアンレッドよりフミノ方が先着していたことを考えると、アパパネ同様に、府中牝は叩きであったと思う。
それならば、この本番を目標にしてきた、フミノは◎。
しまいは確実に伸びる馬。
今の京都の馬場だと、外から最後に突っ込んでくると思う。

Aからは、アヴェンチュラ。
今回は最内枠を引いた。
これは、この馬にとって好材料だと思う。
逃げるダンシングレインでの番手での競馬ができる。
秋華賞の時で、かなり究極の仕上げであったので、それが持つかどうかと思っていたけど、調教を見る限りだと、もしかしたら秋華賞より良いんじゃないかと思える。
クィーンでも古馬に勝っている事を考えると、古馬G1でも通用する可能性は高い。
斤量もレイン同様に54k。
逆に、ホエールは反動があるんじゃないかと。

Dのグルヴェイク。
なんで、抽選通ってきたんだw
母エアグルーヴ 父ディープ
自分にとって夢の血統。
応援したくなる馬。
実際、オークス3番人気の馬だし、勝ちきれない面はあるし、実績は落ちるが一発があるかと期待してしまう。
これで鞍上が武Jだったら、思い入れも強くなるけど、引退したレッドの四位だから^^
応援といっても、調教でもアヴェンチュラに食ってかかっていたし、悪くはないのかと。
どうするか悩む馬。

正直、どの馬も買いたくなるようなレース。
そして、みんなそれぞれ出来は良いと思うし、優劣は付けがたい。
そんな中で、どう見極めるかとするなら、やっぱり横の比較。

◎ダンシングレイン
○アヴェンチュラ
▲スノーフェアリー
△アパパネ
△フミノマージン

正直、この5頭、全部◎
あとは、展開次第かと。

本当に楽しみなレースですね^^


By りゅう
posted by MOCHIKANE.COM at 19:41| Comment(0) | りゅうの記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月09日

ダートが頭から離れない・・・ 武蔵野ステークス ・ エリザベス女王杯 2011

最近、ダートの競馬ばかりを観ていた。
そのせいか、緑が恋しい反面、ダートが気になってしょうがない。
今週も、武蔵野S。
買わないつもりでも、気になるダノンカモン。
買っちゃうんだろうなぁ。

ここは、ダノンカモンが軸で問題なし。
56kで走れるんだし、得意の東京。
前走を見ていても、今のダート界では一流の部類に入るでしょう。
調教も万全。
文句無しの◎。
相手は、枠が出てから決める。

エリザベス女王杯。
本命視していた、レッドディザイアが鼻出血で引退。
3歳の時は、ブエナより強いと思っていた。
今でも、もしかしたら、ブエナより強いのではないかと思ってるので、今年のJCか有馬での直接勝負を楽しみにしていた。
好きな馬だっただけに、本当に悲しい。
どうか、良い子供を産んでほしいです。

これで、馬券の軸を失った。
ん〜、失ったというより、これで冷静に馬券を考えられるようになったという方が正解かもw

レッドが居なくなっても、今年のエリ女は、話題が豊富。

レーヴディソールの復帰。
前走大敗のアパパネの牝馬重賞全制覇なるか?
凱旋門3着のスノーフェアリーの連覇なるか?
もう一頭の外国馬、ダンシングレインが昨年のスノーフェアリーの再現?
秋華賞馬、アベンチュラの存在。
善戦馬、ホエールキャプチャ。
サンテミリオン・エリンコート、両オークス馬の復活?
重賞連勝中のイタリアンレッド。
昨年、今年のホエールキャプチャと同じような存在であったアニメイトバイオ。

と、近年、稀に見る凄いメンバーでのエリ女です。

昨年のスノーフェアリーは強かった。
あの直線の末脚は、周りの馬が止まって見えるほど。
まさに、解説通り、すんっごぉ〜い脚。



これをみると、今年も圧勝してもおかしくない。
同じようなステップを踏んできた、ダンシングレインも侮れない。
なんせ、円高賞金が魅力だろうから、本気度も高いと思うし。
逆噴射したロケットマンの影響で、外国馬の人気が無くなるならば買いもありかと。

でもでも、本来、これだけの馬が出走するなら、軸を悩むところだけど、なんだか、自分の中では、割とあっさり決まってしまった。

これは、枠が出てから最終予想で書くとします^^

By りゅう
posted by MOCHIKANE.COM at 23:10| Comment(0) | りゅうの記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月29日

天皇賞秋 2011 人馬一体!

さかのぼる事、今年の秋華賞。
2着のキョウワジャンヌ。
飯田親子コンビで、新馬からずっと飯田Jが乗り続けていた馬。
現代の競馬では、こういう馬も珍しい。
結果は、2着。
勝ったのは乗り替わりのアヴェでしたが^^;

菊も1着2着、馬を知り尽くしたジョッキー。
だからこそ、安藤Jもあのような腹をくくった乗り方が出来たんだろう。

今日のスワンも、リディルもジョーカプチーノもオセアニアボスも乗り替わり無し。
(久しぶりに馬連少し当たりましたw)
確かに、勝負に来てるから外人Jに乗り替わるというのもあると思う。
でも、結果的に乗り替わりになる。

やっぱり、G1や重賞位のレースになると、馬の力だけではなく、人馬一体の何かが求められるのではないかと思う。

こないだも書いたけど、今年の自分の中のキーは外人J。
以前は、外人Jだから買えって事もあったけど、今年長く滞在しているピンナJも重賞勝ちは無し。
馬券になったのもシリウスSの2着だけ。
ルメールは知っての如くの成績は残してるけど、今日から乗っているメンディザバルJ(以下メバル)は、今日の京都で
7番人気→3着
5番人気→4着
2番人気→5着
2番人気→8着
と4鞍乗って連帯は無し。
ペリーは東京で最終レース人気薄を2着に持ってきたが、9レースのって、これ以外連帯無し。
バリーもルメールもメバルも、もちろん全馬乗り替わり。

乗り替わりを苦にしない馬もいるし、乗り替わりだから勝てないなんて事は決してないと思う。
でも、やっぱり人馬一体の絆は信じたい。
カーレースだって、乗りなれた車とポン乗りの車では出せるポテンシャルは変わってくる。
100%に仕上げた馬だって、テン乗りでは90%、いやもし100%の力を引き出せたとしても、ずっと乗ってきた騎手はメイチの勝負では100%+αの力を出せるのではないか?と思う。
それが、絆。

明日は黒船軍団には負けずに、日本Jでしかない絆を見せてほしい^^


今年の天皇賞の出走馬で、この絆を一番感じるのは、アーネストリーと佐藤哲J。
天皇賞秋に佐藤哲Jが乗れなかったらと、あの骨折の瞬間は思ったけど、なんとか復帰してくれてよかった^^
完調ではないのかもしれないし、懸念されるコースや大外枠の先行馬であったとしても、抜群のスタートセンスでなんとかしてくれると思ってる。
とはいいつつも、目標は有馬じゃないかなとも思っているけど、当初陣営が言ってたように、この天皇賞次第でJCをどうするか考えるとの気持ちが変わってなければ、勝負には来るのではと思ってる。
調教も良かったから、手抜きはないと信じたい。

あと、1頭、オケラさんの注目馬、ミッキードリーム。
新馬からずっと和田J。まさに秋華賞のキョウワと同じ。
こういう馬は応援してあげたいなぁ。

ダークシャドウも、もし、福永Jが乗るなら買いたいと思っていた馬。
といっても、ベリーJも今冬には乗ってるし侮れない。

でも、ミッキードリームとダークシャドウは、どうしても初G1というのが気になる。

ブエナビスタは、そもそも乗り替わりの多い馬。
ここ2戦は岩田Jで、今までも必ず乗ったJは、必ず勝利を挙げている。
岩田Jも、そろそろこの馬との絆が出来てきたのではないかな^^
天皇賞秋を2連覇だといっても、去年はスミヨンJだし、2連覇とか考えないでブエナを信じて乗ってほしい。

エイシンフラッシュは、本当、いつも人気になりにくい馬。
でも、いつも終いは確実に伸びてくる。
屋根変わりでも、枠も良いのでルメールがハーツクライのような乗り方をしたら、もしかしてと考える。

札幌記念も毎日王冠も共に、春の主力の馬が出走していなかった事と上がり馬のG1未出走を考えて、全部、圏外とみて切ってみる。(自分への理由付でしかないけど^^;)

で、結論としては、

◎ブエナビスタ
○アーネストリー
▲エイシンフラッシュ
△ジャガーメイル

4頭を基本で考えるとこの馬。
結局、宝塚組を今回は買いたい。

で、唯一の京都大賞典組として、ジャガーメイルは、調教の動きがよかった。
そして、ダークシャドウとの堀厩舎 2頭出しの人気薄。
G1馬で、4着が多いがいつも堅実。
去年の天皇賞秋は案外だったけど、JCは4着だし、距離は長い方がいいのかもしれないが、そこは2000mでも狙ってみたい。
7歳になったが、前走の休み明けの京都大賞典も上がりは最速。
今の東京の馬場が合うかどうかだが、もしかしたら、カンパニーの再来になれるのかと。
可能性を信じてジャガーメイルと四位Jを△に。


最大の敵は、諦めだから^^


By りゅう
posted by MOCHIKANE.COM at 22:45| Comment(0) | りゅうの記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。